« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月30日 (木)

ヤンマー NEWモデル!

Image5
横浜のヤンマーボートセンターで開催されたディーラー向けNEWモデル試乗&説明会に参加してきました。
今回試乗したのは2隻。
Image2_11
Image3_9
「EX-34HT(ハードトップ)」!
こちらは昨年発表されたEX-34FBのハードトップタイプです。流し釣りなどではFBが無い方が風流れ性能が良く、スパンカーも良く効きます。
一方、FBは操船中の視野が広くなり鳥山やナブラ、潮目や漂流物など周囲の変化に対する情報の収集力が各段に上がり、ボートとしてのスタイルも際立ちますね!
ご自身の望む釣りスタイルでFBとHTで選択できますよ。
エンジンは電子制御エンジンの6LY440J。昨日の試乗では8人くらいが乗船しましたが、加速を始めるとフラップの操作をせずともあっという間にプレーニングに移行してくれます。この力強さは嬉しいですね!
Image1_15
Image4_2
「EX-38FB」!
今年のボートショーでヤンマーブースにて発表されたボートです。圧倒的な走りの良さと釣り易さを持った既存のEX-38についにFBモデルが出ました!
弊社でEX-38を納入させていただいたお客様からもとても良い評価をされているボートで、僕も好きなボートを1隻持てるなら間違いなくEX-38。
そんな愛する38のFBモデル。一軸船ながら外洋での走波性は折り紙つき。本格的に外洋でのトローリングや遠征にも対応出来ます!
エンジンは最大出力495PSを誇る6CXBS-GT。軽負荷で33ノット近く出る速力やパワーも魅力ですね。
FBの定員は2名とEX34-FBの3名より少ないのですが、なんとFBのデザインを4つ(標準、Aタイプ、Bタイプ、Cタイプ)の中から選択出来ます!ちなみに今回試乗したのはAタイプです。
EXシリーズの34,38共にこちらも自信を持って販売できる素晴らしいボートです。
是非おススメしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします!

|

2019年5月28日 (火)

避暑地

Image1_14
ここ数日の真夏のような暑さの中、涼を求めてシーレイ250のオーナー様と猪苗代湖へ行ってきました。
今回も最高のコンディションで気持ちの良いクルージング。
猪苗代湖といえど気温は30℃超え。停泊すると暑かったのですが、航行中はこれ以上ないくらい最高の気分を味わえました!
猪苗代湖でのボートライフも最高ですよー。
この夏、始めてみませんか?

|

2019年5月25日 (土)

暑くなってきました

最近ふと思うのですが、ここ数年5月って暑くないですか?

でも7月くらいになると少し気温が下がって、「もしかして冷夏かっ?」てなっているような・・・。

でも僕らの業界からすれば暑くなってくると稼働率が上昇するのでありがたい限りですが。

Image1_13

さてあっという間に5月も終盤。

とりあえず先日中古として販売を開始するジェットの引取りに行ってきました。現在リフレッシュ作業中ですがとても素晴らしいコンディションですよ。

Image3_8
そして昨日は猪苗代湖にて業務。
あれこれとこなした後にお世話になっているマリーナさんに今シーズンのご挨拶。
相変わらず素晴らしいゲレンデでした。
とにかく時間を作って遊びに来たいところ。
何とかつくって・・・。どうにかして・・・。

 

|

2019年5月17日 (金)

絶景

Image1_12
お天気の良かった昨日は、栃木県北の某ダムにてお仕事でした。
このダムはとても水質も良く水も綺麗。そして何といってもとても景色の良いスポットがいくつも有ります!
・・・ただ、この景色は湖面側からしか見えないので一般的にはなかなか見ることはできないのですが。
Image2_10
こんな感じの奇岩もそこらに。
もちろん仕事なのですがこれは役得ということで、こういった景色と溢れるマイナスイオンを体一杯に浴びて癒されながら仕事してきました。
海も良いけど山も良いですね!

|

2019年5月12日 (日)

和船 レストア

Image1_11
Image2_9
レストアが完了したヤマハ和船W-16改。
業務艇上がり&古い船体で少し傷んでいましたが、気持ちの良いセカンドライフを送ってもらう為に丁寧にレストア作業を実施しました。
ここで問題になったのが船外機。JCI(小型船舶検査機構)的には10馬力未満で質量38.5kg未満までが積載船外機の上限という事でした。
これはずっと昔、最初の登録の際に完全に2ストロークの9.9馬力を念頭に置いた設定をしたものです。
しかし、時代は4ストローク全盛の2019年。
さすがに2スト9.9馬力をセットして販売となると少し気がひける。ただし、各メーカーの4スト9.9馬力を見比べると制限重量の38.5kgを下回る商品がない・・・。(例:ヤマハF9.9J⇒46kg、スズキDF9.9B⇒44.5kg、トーハツMFS9.9E⇒44kg)
しかし、そこで目に付いたのはトーハツの「9.8馬力」!なんと乾燥重量が38kg!!
Image3_7
まさに「俺を載せろ」と言わんばかりのスペックで存在していました!
うーん、心強い。
という訳ですべての懸念材料をクリアし、生まれ変わったこのW-16改。早速お嫁に行くことが決まりました。ありがとうございます!
キレイになって新しい心臓を得て生まれ変わった君の新しい活躍を期待しております。

|

2019年5月 7日 (火)

GW明け

Image3_6
超大型連休もようやく明け、やっと普段の日常が戻ってきました。
連休中も何だかんだとボートに触れていたおかげで、休みボケにはならず初日からバリバリと働けております!
写真はYFR-24のAオーナー様の出航のお手伝い。少々沖目のポイントで赤いサカナが釣れているという情報を得たので、操船練習を兼ねて向かってみました。
Image4_1
赤いサカナというかオレンジのサカナが釣れました。
特にこの緑の羽根が美しいサカナはサイズ問わず、釣りを止めなければずっと釣れ続けてくれるほどの濃さ。でも釣れるというのはやっぱり楽しいですね!
Aオーナー、ありがとうございました!
Image1_10
そして別日には猪苗代湖でSオーナー様のシーレイ250の出航のお手伝い&操船練習。
鏡のようなコンディションの猪苗代湖をクルージングスポットやビューポイント、浅瀬の場所などを説明させていただきながら一周クルーズ。
アンカリングポイントでフリーフォールウインドラスを使ったアンカリングの練習をし、最後は港内で離着岸の練習をさせてもらいました。
クルーとなる皆さんと一緒にメキメキ操船の腕を上達されていました!
・・・やっぱり自分の新艇となると責任感からそうなるものなのでしょうか。
Image2_8
この日の猪苗代湖は本当に素晴らしいコンディション。
僕も仕事なのかプライベートなのか分からなくなるほど、心の底から楽しませていただきました。
Sオーナー、ありがとうございました!
さて、またオーナーの皆様と楽しい思い出が作れるように頑張って仕事をしたいと思います!

|

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »