« ヤマハ AR195 | トップページ | ヤマハビジネスミーティング »

2019年9月15日 (日)

温故知新

Image1_20190915113501
ジェットを修繕するメカニックにとっては必ずといって経験することになる2ストロークエンジン。
今回はGP1300Rのオイルポンプ周りの修繕でマフラーやエキゾーストパイプを外したところです。ヤマハ最終形のインジェクションタイプのエンジンですが、このジェットも16年前の代物。
どんどん2ストロークが減ってきているマリン業界ですが、「やっぱりジェットのエンジンって言えばこのタイプだよな~」と思ってしまう僕はもう古い人間の仲間入りをしてしまっているのでしょうね。
Image2_20190915113501
相対して、お引渡し目前の新型のヤマハ20馬力船外機。
この馬力帯で電子制御&標準装備でトローリングコントロール機能が付いたりと最新テクノロジーの塊です。
うん、これもいいなぁ。
ぼくもこの業界に入って20年。なんだか物知りになってきました。

|

« ヤマハ AR195 | トップページ | ヤマハビジネスミーティング »