« 焼魚 | トップページ | 日常 »

2020年2月15日 (土)

操船練習

Image3_20200215133301
昨日、那珂湊マリーナにてヤンマーEX33FBのお引渡し兼操船練習を行って来ました!
ボート歴20年近いオーナー様でボートの操作感覚は全く問題ないのですが、一軸シャフト船は当時の一級免許の試験艇以来との事。(むか~しの一級船舶操縦士試験はヤマハのFR-34という34フィートボートで行っていました)
ボートにお乗りの方はご存知ですが、元来一軸シャフト船は広い水域やうねりの中では問題有りませんが、マリーナ内等の狭水面では少々取り回しが悪く操船が難しいモノとして考えられて来ました。
しかし!さすがは時代の流れ、技術の発達はそんなことはもうお構いなしです!
そう、このボートには前後にスラスターが装備されているので細かい操船など不要で、行き足にだけ注意を払いながらバウ側をウィーン、スターン側をウィーンで90°旋回しながらの離着岸などお手のモノ。
オーナー様も「おおっ!楽だ!」とご納得。
Image1_20200215133301
離着岸の練習をみっちり行ってからは外洋にでて、操船やボートの癖などをご説明。
通常であれば水域説明や河口の出入の練習なども行いますが、こちらはベテラン船長なので割愛し、新しい航海計器類の操作やこれまでのボートとの違いをご案内することに時間を割きました。
Image0_20200215133301
無事に帰港してからはお手入れ方法やマリーナルールの確認を。
春のような素晴らしいお日柄の中、無事にお引渡しが出来ました。オーナー様、これからも楽しく永くこのボートで遊んでくださいね!

|

« 焼魚 | トップページ | 日常 »