« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月31日 (火)

三月も終わり

Image0_20200331105301
新たな外壁が立ちました!
とりあえず第一次工事はここまで。年度末ギリギリになりましたが完成までこぎつけてもらいました。
さて本日で3月も終わり、明日からは4月。
新年度になりますが世の中は今、不安な事だらけ。
そんな中でも多くのお仕事のご依頼をいただけている事に感謝しながら、新年度を迎えていきたいと思います!

|

2020年3月28日 (土)

Image1_20200328160901
絶賛工事中の栃木マリン。
敷地外との境界にブロック塀を施工中。
これまでは基礎&フェンスでしたが、これからは基礎&ブロック&フェンスの三段構えになります。
外壁関係ももうすぐ完了。それが終われば次の工程へ進みます!
Image0_20200328160901
外壁はプロに任せて、僕は自分の仕事を。
今回はオーナー様のクルーザーに搭載してある温水器の点検と調整をして来ました。こちらはエンジンの温水を利用して真水を温める手法を用いた仕組み。
しっかりと5~60度くらいまでは温まります。この時期に沖で釣りをしていて、ちょっとした時に温水で手を洗える&温められるのは大きいですね。
スペースが許せばおすすめの艤装ですよ!

|

2020年3月23日 (月)

イカ

Image3_20200323092701
久しぶりに海況の良さそうな日曜日。
DFR-36FBのオーナー様よりお誘い頂いて、大洗沖の季節のターゲット「ヤリイカ」を狙って出航してきました!
Image2_20200323092701
ポイントを広く見る狙いと昼頃から南西風が急速に上がってくるという予報だったので、この日は早朝出航。
静まり返った凪の中を沖に見える朝日に向かって走っていく情景は、何ともいえないくらい良い感じです。
さてさて、肝心のイカの方なんですがこれまたサッパリ釣れません・・・。
釣れないというか仕掛けが肝心のヤリイカのいる海底に着くまでに、80~90%の確率でサバに捕まってしまいます。特に今回はイカメタルだったので沈下速度の問題なのか、ほぼサバを突破すること無く餌食となる始末。
Image1_20200323092701
そんな中でも釣れた少々のイカは陸に水揚げされることなく、船上でしっかりと消費されました。笑
結果、無数のサバと数本のイナダ&ホウボウ&クロソイで何とかイカを含めた五目は達成。おかげさまで楽しい週末を迎えることが出来ました。
オーナー様、お誘いありがとうございました!
Image4_20200323092701
そして週が明けた本日。
栃木マリンは今週も絶賛改装工事中です!

|

2020年3月21日 (土)

トーハツ 20馬力

Image0_20200321150301
新品のご注文をいただいたトーハツ船外機「MFS20E EFL」。
例の如く、出荷前点検を終えて準備完了です!
しっかりと指定の定期メンテナンスを施して行けば、長く使い続けられるのが船外機。
長い期間使い続けるオーナー様ですので、しっかりとそれに応えて行って欲しいです。

|

2020年3月20日 (金)

職人への道

Image0_20200320174401
夕暮れの栃木マリン。
新人サービスマンのI君が本日一生懸命整備した船外機たちの仕上がりを確認するため、始動点検しております。
慣れないことや分からないこと。
たくさん有るとは思いますが、近道はないので焦らず一つ一つこなして行きましょう。
教える方も身が引き締まる。
そんなことをふと考える一日でした。

|

2020年3月19日 (木)

改装工事3-4日目

Image0_20200319173201
Image1_20200319173201
着実に進んでいる改装工事。
とうとう防犯カメラ入替&増設、夜間LED照明設置、樹木の移植に続きフェンス工事が完了しました!
既存のフェンスよりも1メーター以上高さのある商品を選んで設置したので、存在感抜群です。
まだまだ弊社の改装工事は続きます。。。

|

2020年3月16日 (月)

改装工事2日目

Image0_20200316130101
今日も重機の轟音鳴り響く栃木マリン。
着実に改装に向けて進んでいます。
工場内でエンジンの整備業務は進んでいますのでご安心を。

|

2020年3月15日 (日)

改装計画

Image3_20200315130801
冬に逆戻りしたような、昨日の天気が明けた日曜日。
いよいよ長年計画していた改装計画の幕が上がりました。
始まったからには急ピッチにあれこれと進んで行きますので、工事期間中は敷地の使い勝手が大幅に制限されてしまいます。
そのためお客様にはご不便を掛けてしまうことが有るかと思いますが、何卒ご了承ください。
まず本日第一弾として始まったのは栃木マリンのシンボルツリーとも言える写真のヤシではなく、国道側を彩ってくれていたハナミズキの移植です。
Image1_20200315130801
新たな設置場所は少し敷地内でも開けた日当たりの良い場所に。
Image0_20200315130801
だいぶ深く掘り込んで根もしっかりと移してもらいましたが、枯れてしまわないか少しだけ心配になります。
もう後はハナミズキの生命力を信じるしかないですね。
さて、本日は木の移植だけですが明日からは本格的な外構作業が始まります。
イメージ通りに感じに改装されていくか、イメージを超えていくのか。楽しみです!

|

2020年3月10日 (火)

お勉強

Image0_20200310160401
しっぽり、しとしとと雨が降り続く今日の宇都宮。
件の病のせいも相成って、せっかく春が来たというのにどことなく街の空気が重い気がします。が、昼飯を食べに行ったいつもの定食屋さんはいつも以上に混んでいて、スタッフさんも「なんでかね?ウチにはあんまり関係ないみたい(笑)」との事。
そう、こういう空気の時こそ何も変わらないスタンスでいつも通り前向きに仕事をするのが正解。ありがとう〇〇亭さん。きょうも「どんどん」美味しかったです。
話がだいぶ脇道に逸れましたが今日はスズキマリンさんにご協力をお願いして、半年前から入社し力を貸してくれている「新人サービスマンI君」向けの船外機特別講習会を開いて頂いています。
まるまる一日コースで午前中は座学、午後からは実機を用いて整備のお勉強です。
再販に向けて準備を行うスズキDF40が有るので、時間(と予算)が許す限りの消耗品交換と予防整備を行いながら注意点やコツ、そしてお客様へのご説明に繋がる知識などを盛り込み、しっかりと勉強させて貰っています。
本当にありがたい時間です。
スズキマリンスタッフの皆さん、ご協力ありがとうございました!
拡販がんばります。

|

2020年3月 6日 (金)

ヤマハ船外機

Image0_20200306170701
まもなくお引渡し予定のヤマハ船外機「F15CEHPL」。
こちら納品前の点検確認作業。新品といえども何が有るか分かりませんので、当然のことですが一度エンジンを掛けてチェックします。
このエンジンは15馬力にしては珍しく、電動チルトが装備されているモデルです。バネやガスアシスト方式でも問題のない重さのモデルですが付いているに越したことない機能ですからね。
さて、納品前点検の結果はもちろん良好!
順次納品に向けて滞りなく準備を進めます。

|

2020年3月 5日 (木)

S17 トレーラブル

Image0_20200305131701
オーナー様のこだわりがぎっしりと詰まった「スズキ S17」。
とうとう完成に近づいてきました!
細かなディテールはまだ紹介は出来ませんが、本当にこれ一隻しかないというスペシャルな専用艇に仕上がったと思います。
もう少々、オーナー様のこだわり艤装が追加される見込みですがひとまずここで船舶検査を受検します。
初期設定からは幾分か外れた仕様となっていますので、船舶検査合格までは気を緩める事は出来ません。。。
何事もなく、「スッ」と通りますように!!

|

2020年3月 3日 (火)

レイクトラウト

Image1_20200303173301
本日は色々と打ち合わせの為に日光中禅寺湖へ。
今日の湖は風も緩く湖面も穏やかでとても清々しい雰囲気を醸し出していました。
今年は雪も少なく、いろは坂もほぼ凍結無しで上がれますので春うららの中禅寺湖を散歩するのもおすすめですよ。
さて昨日、インターネットニュースで出ていた米ニューハンプシャー州でのレイクトラウトのレコード更新のニュース。
お目に掛かりましたか?
17キロ超の魚体だったそうで騒がれていましたが、そのレイクトラウトは日本ではこの中禅寺湖で狙って釣ることが出来ます。
しかも中禅寺湖のレコードは16キロ超!
Image0_20200303173301
こちらは別の個体ですが、14キロを超えています。
水のきれいな中禅寺湖ならではの、綺麗な魚体のレイクトラウトですね。
中禅寺湖ではレンタルの釣り船もありますので、興味ある方はぜひ一発大物狙ってみてくださいね!

|

2020年3月 1日 (日)

3月1日

Image0_20200301133701
さて本日から3月がスタートです!
横浜で開催予定だったボートショーも中止となり、例年になく静かな3月の立ち上がりです。
世の中も少々落ち着かない状況が続いてますが、本日弊社ではマリンジェットの御納艇となります!
感覚的には今シーズンのヤマハラインナップでは一番手に入りずらいモデルかもしれない「MJ-FX SVHO(ブラック)」。
ソリッドの黒と艶無しマットブラックのツートンカラーです。
オーナー様、この度はありがとうございました!御納艇おめでとうございます!
派手さは無く、シックなフォルムですがカタログや写真より現物の方が良いという典型的なモデルだと思います。
ぼくももう40歳。「シブい」という感覚が何となく分かって来ました。

|

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »