« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月27日 (金)

YFR-27EX 到着!

Image0_20201127123501
今朝はいつもより少しだけ気分が高揚していました。
なぜならば今日は新艇の到着日。
何度、何隻と受け入れて来ても、新艇が入荷する日は何だかウキウキが止まりません。
ヤマハ YFR-27EX。
言わずと知れた大人気艇です。
これからGARMINフルスペック&その他諸々搭載の、「すっごいYFR」を製作していきます。
楽しみですが、大変。本当に大変。
でもその分、完成した時のオーナー様の満足度や僕らの達成感はすごいんだろうなぁ。

|

2020年11月26日 (木)

うろこ雲

Image0_20201126171801
ふと空を見上げると高いところにうろこ雲。
もう間もなく12月になると言うのに、何だかやけに秋めいて見えました。
観天望気的にいうと天気が下り坂になる兆しだったかな?
昨日といえば、とうとう最終戦となってしまったワカサギ釣りへ。
1
このワカサギたちとも、あの素晴らしい景色とも、澄んで綺麗な水や空気とも、ボートの上で食べるカップラーメンともしばらくのお別れです。
来シーズンもこの湖に帰ってくることを心に誓い、常磐沖のヒラメやタチウオへと戦場を変えて行きます。
ただ、その前に工場の中に積み上げられた部品の山。
働かざる者なんとやら。
さぁ仕事!仕事!

|

2020年11月24日 (火)

引上げ作業

Image2_20201124124701
前々日から吹きすさぶ西風がピタッと止んだ中禅寺湖。
日頃の行いの良さが生んだような、絶好の天候を逃すわけにはいきません。
本日はとあるボートの搬出作業。
色々あって自走は不可。曳航してクレーンの袂まで運んできます。
Image0_20201124124701
風が止まっているスキに急いで玉掛&地切り確認。
慌ただしかったので、そこら辺の写真はありません。
おかげで予定より早く、そして安全に作業を進める事が出来ました。
やっぱり仕事は段取り1番、お天気2番。

|

2020年11月21日 (土)

軽い時化じゃん

Image0_20201121172301
数年前デビュー後まもなく、仕事で回航して以来の「ヤマハ DFR-33」乗船。
ウキウキ楽しく出航。
だがしかし、まもなく視界を奪われ意気消沈。
こんな時期だからこそ、もっと楽しくキャハハウフフと乗りたかったです。

|

2020年11月16日 (月)

ほのぼの

Image2_20201116182701
Image1_20201116182701
仕事6とワカサギ釣り1という一週間を送り続けているこの秋。
ワカサギ釣りの日を例えるならば、それはもう世捨て人の様に心穏やかな一日を心ゆくまで過ごしております。
そんなワカサギ釣りも漁期は今月いっぱい。
あと1回は行きたいものです。
Image0_20201116182701
今回もワッと入れ食いの活性の良い群れがいたり、その一方ぽつぽつと釣れ続けたりする群れなどワカサギと一日中楽しめました。
ドーム船や決められた場所で行う釣り方などとは違い、マイボートで群れを探しながら動き回れるので群れを探す時間も、見つけた喜びも楽しい瞬間です。
なんだろう。マイボートワカサギと出会ってから性格がさらに穏やかになって来た気が。。。

|

2020年11月10日 (火)

中禅寺湖

Image0_20201110165601
月末に控える仕事の打ち合わせで奥日光中禅寺湖へ。
もう紅葉も最終盤。先月末から続いていた恐怖のいろは坂渋滞も解け、この日はスイスイと。
さて別日にもう一回打合せを重ね、満を持して本番へと進みます。
というか、どれだけ策を弄してもこの湖の場合は西風が強まればアウト。
「風が強く吹かない」。その事を願うのが何より一番の準備かも。
そんなことを考えながら湖畔に立てば、出迎えてくれたのは夕暮れと西風でした。

|

2020年11月 7日 (土)

うまい

Image0_20201107150501
先日気仙沼の業者仲間より頂戴した戻りカツオ。
サクにしてから一晩寝かせ、昨夜はカツオ祭りを開催。
とりあえず半身分をお刺身にしてショウガニンニク醤油で乾杯。
うまい。旨すぎる。
今宵はショウガとニンニクを効かせた竜田揚げで乾杯の予定です。
想像するだけでうまい。旨すぎる。
カツオ最高!!
ほんと~~に素敵なプレゼント、ありがとうございました!

|

2020年11月 5日 (木)

冬支度

Image1_20201105123201
クール宅急便が敷地に入り、運転手さんがトロ箱を抱えてこちらに向かってくる光景を見た時、ドキっと心が躍りました。
「待て」を解かれた犬の様に駆け寄り、認印を押す瞬間に見えたのは見覚えのある気仙沼の業者仲間の御尊名!!
丸々というよりもパンパンといった表現が正しい、大柄で見事な戻りカツオ。
捌いたらどれだけ脂が乗っているのか、もうそれこそバイエルンエッジでも買わなきゃダメかしらetc・・・妄想が止まりません!
毎年時節の魚を送ってくれる友人には感謝しかありません。
本当に持つべきものは、ですね。

Image0_20201105123201
そして戻りカツオちゃんと入れ違いで届いたのはヤマハからのパーツの山。これから冬に向けて始まる新艇艤装や追加艤装などなどの部品が大挙してお越しくださいました。
しかもまだ第一陣。
ありがたい事ですが、カツオの妄想の直後に現実世界に引き戻してくれるには十分なインパクトでした。

|

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »